?

精液検査で量や濃度を調べれば不妊治療に役立つ!宅配利用可能な所も

女性研究員

不妊症の治療の前に男性も精液検査を受けましょう

ビーカー

結婚しても2年以上子供が出来ないと不妊症とされますが、正しい治療を受ける事で子供を授かれる人も少なくありません。ただ現状では女性側のみが検査や治療を受けるケースが目立っていて、男性側が非協力的とも言われます。しかし男性側に不妊の原因があるのに、女性だけ治療を受けていても、時間と費用ばかりかかってしまうだけで、根本的な解決には至れません。
男性の不妊症については、精液を採取する事で原因を探ることが出来ます。精液中には大量の精子が存在していますが、人によってはこの精子の数が極端に少ない場合や、数は十分でも活動が低い場合などがあります。精液検査では基準値というものが存在していて、精液全体の量や濃度に、精子の活動率や形状などについて指標があります。一つの判断材料ですが、この基準値を下回っている場合には、何らかの治療を受けるケースも出てきます。ただ基準値を満たないからと言って、大変な治療を受けるという事ではなく、医師のアドバイスで生活改善を続ける事で、正常な値を示すようになる場合もあります。いずれにせよ検査を受ける事によって、正確な治療やアドバイスを受ける事が出来ますので、異常がないか気になる場合には、男性の不妊治療専門クリニックに相談して、精液検査を受けてみてください。

男性向けの不妊治療専門のクリニックで精液検査を受けてみましょう

不妊治療は女性が受けるものという印象をお持ちの方も少なくありませんが、研究によると不妊症の原因の半数は男性側にあります。長年不妊治療を続けてきたけれども、治療の効果が出なかったという場合などで、女性側のみが検査を受けて不妊治療を受けているけれども、男性側は無関知でいるケースもよく見られます。男性の不妊症についても、女性と同様に検査する事で詳しく調べる事が出来ますし、結果如何によっては適切な治療も受けられるので、お困りの方は是非専門の医師に相談しましょう。
ただこれまでは不妊治療専門のクリニックは女性向けが主で、男性が検査を受ける場合にもレディースクリニックなどを受診するしかなく、不妊や精液というデリケートなテーマを扱うので、男性を遠ざけてしまう原因でもありました。
しかし近年では男性向けの不妊治療専門のクリニックも存在します。女性がいないので来院する際の抵抗感も軽減されますし、男性の不妊症例について詳しい医師が在籍しているので、適切な精液検査ができますし、改善に向けての適切なアドバイスも可能です。
不妊治療はある程度長いスパンで行う必要がありますので、お悩みの方は早めに男性の不妊治療専門クリニックに相談して、精液検査を受けてみましょう。

男性不妊の悩みは精液検査で解消しよう

不妊治療と聞くと女性不妊のことだと思われがちですが、不妊の原因はなにも女性だけではありません。WHOが不妊の原因について調査した結果、「男性が不妊の原因に関係している」は48パーセントとじつに半数近いことがわかっています。
しかし日本では長い間にわたり、不妊は女性が原因と思われていたため、男性の不妊治療専門クリニックに相談したいと思っても、専門外来や専門のドクターがいないという厳しい現状がありました。
そのため不妊に悩む男性のほとんどはパートナーと婦人科を受診するか、生殖補助医療技術(ART)のある病院を探すことになります。病院ではおもに問診や精液検査を行い、精液内の精子の運動性や精子数、形態異常を調べます。
精液検査は男性不妊の原因究明に欠かせない大切な検査ですが、仕事が忙しくて婦人科へ行けない、またはパートナーに内密で検査したいという方も多いのではないでしょうか。
そのようなときは専門の研究施設に検体(精液)を送り、調べてもらう宅配便検査サービスを利用してもいいかもしれません。クール便のため精子の運動率を調べるのは難しいようですが、形態異常や濃度、精子量を調べることができるほか、不妊治療を行う医療機関と提携した研究施設もあり、男性不妊の不安解消に役立つでしょう。